プロフィール

 

プロフィール暫定

 

 

マリンバ奏者 / 宮野下 シリュウ

千葉県船橋市出身。
4歳より、マリンバを始める。
第一回日本ジュニア管打楽器コンクール打楽器部門において最高位受賞。
洗足学園音楽大学・大学院器楽科打楽器コースを共に首席で卒業。
2010年、現代音楽作曲家の田中利光氏が作曲した、ソロマリンバと打楽器アンサンブルのための『息吹き』のマリンバソリストに抜擢され、日本初演を果たす。
2012年、オーストリア・ザルツブルクで行われた最難関国際マリンバコンクール
第4回大会セミファイナリスト。
イタリア・フェルモで行われた第10回国際打楽器コンクール
国際マリンバ部門において2位受賞。
その他、様々な国内外におけるコンクールにおいて優秀な成績を修めている。
2014年、自身の主宰する『Calamus』が東京都ヘブンアーティストに認定され、
都知事より賞を与えられる。
2018年『Curro Duo』韓国ツアー公演を行う。
2019年、『Curro Duo』が東京都ヘブンアーティストに認定される。

演奏の傍ら、作編曲業にも注力し、

SQUARE ENIXFinal Fantasy330周年記念レコード収録「悠久の風」のマリンバレコーディング、

NieR Replicant ver.1.22474487139…』白の書収録「愚カシイ機械」のリアレンジをはじめとし、

藤原道山×SINSKEリリースアルバム『Piazzolla』内収録、「Contrabajeand」の編曲・レコーディング・ディレクションを担当するなど、活動は多岐にわたる。

2021年、アーティスト派遣・イベント制作会社、ベスnotes合同会社CEO着任。

後進の指導にも注力しており、数々のコンクールの入賞に貢献している。

〝ハイレゾ音源データ〟マリンバソロアルバム【Aesthetics】をリリース。
エスニックパーカッショントリオ『Maicology』より
1st.ミニアルバム【Maicoplasma】
2nd.ミニアルバム【Shake!!】をリリース。
ピアノとのデュオユニット『KEYsiDE』よりオリジナルミュージックデータカード
【S×S】をリリース。全世界配信中。
電子パーカッションユニット『Curro Duo』よりミュージックビデオをiTunes,GYAO,レコチョク
などから全世界配信中。
Alternate Mode Japan社【malletKAT】エンドーサー。
宮野下 シリュウをフォローする
マリンバ奏者 宮野下シリュウの公式ホームページ